天野社会保険労務士事務所は大阪府 高槻市の社労士事務所。働き方を見直し、仕事と生活の調和を図る「ワーク・ライフ・バランス」を推進しています。

リモートワークと働き方改革セミナー開催

1.テーマ :多様な働き方とリモートワーク
2.日時  :2020年8月21日
3.場所  :姫路総合庁舎職員福利センター 大会議室

兵庫県南西部において、
「労使がそれぞれの立場を超えて共通のテーマを研究」することを目的として
活動されている労使法経研究会で講演を行いました。

元々は、アフターコロナにおける働き方改革について、話す予定でした。
しかし、まだ「アフター」と言える状況ではなく、以前のような状況に
戻れないと言うことを想定する必要があると考え、
「ポストコロナにおける働き方改革」を軸に話しました。

以前の常識が通用しないなかで、どうしたらいいか。

本質的なところは変わらないと思っています。
タスクシートなどを活用しながら、業務管理を進め、より生産性の高い仕事の
進め方を追求していく。
遠回りに見えても、これが最も効果的であると考えています。
コロナ禍であろうとなかろうと、業務管理を徹底することがポイントです。

今回、参加された企業の状況はバラバラであったと思いますが、参加した企業が
1つでも2つでも「これをやってみよう」と思えることがあったのでは
ないかと思います。

ハラスメント防止とアンガーマネジメントセミナー

1.テーマ :ハラスメント防止、アンガーマネジメント
2.日時  :2020年7月17日
3.場所  :大阪府社会保険労務士会館

大阪府社労士会の「人間・労使関係自主研究会」の定例会にて、
「アンガーマネジメントとハラスメント」というテーマで話しました。

コロナの影響で、グループワークは少なめにして実施しました。
ハラスメント防止対策が義務化され、今後もますます実質的なハラスメント
対策が求められるようになります。
ただ単に、「NG行為リスト」を作ってリスク回避だけを行っていては
管理職が萎縮してしまい、叱れない風土になってしまいます。

業績に貢献できる行動を促していくためには叱るべきことを叱り、時には
厳しい指導も必要です。厳しい指導とハラスメント違いは何か、どのように
接していくのが良いのか、アンガーマネジメントを通して、今後もこのような
ことを伝えていきたいと思います。

ZOOMにて「仕事の進め方」研修実施

1.テーマ :仕事の進め方(ロジカルシンキング等)
2.日時  :2020年7月2日、3日
3.場所  :ZOOMを使って弊所にて実施

関西のメーカーの社内研修を実施しました。今回は、弊所のPCからZOOMを
使って全国の営業所にいらっしゃる受講生に配信する形式で実施しています。

新型コロナウィルスの影響で長らく社員研修から遠ざかっていましたが、
久しぶりの研修登壇がオンラインとなりました。
画面を通して受講者の反応は見えるのですが、やはり実際に目の前にいるのとは
違います。やりにくさもありますが、一方で、ブレイクアウトセッション
(グループごとに分かれてのワーク)ではじっくりと話している内容を
聞くことができるので、使い方次第ですね。

2日間、合計14時間と長丁場でしたが、最後まで集中を切らさずに
ご参加いただけました。ただ、参集型の研修とは違い、画面をずっと
見ているので目が疲れますね。
まだ課題はありますが、今後もZOOMを上手く使って、様々な研修に
関わっていきたいと思います。

若手社員コミュニケーション強化セミナー@高槻商工会議所

1.テーマ :若手社員のコミュニケーション力強化
2.日時  :2020年2月6日、20日
3.場所  :高槻商工会議所

高槻商工会議所にて、若手社員のコミュニケーション力強化について、
2回シリーズでセミナーを開催しました。

よく、若い世代のコミュニケーション能力を危惧するような記事を目にしますが、
私はそれほど危機感を持っていません。
何が大切で、世代間でどのような感覚の「違い」があるのかが理解できれば、
しっかりとしたコミュニケーションを取ることができる人が多数です。

大事なのは、コミュニケーションにおいて「こうあるべき」という正解を求めすぎないこと。
相手はどう考えるのか、どう受け止めるのかを慮れるか。
話し方などの「やり方」は後からでも十分、身につきますので、大丈夫。
まずは、相手視点でコミュニケーションを取ることができるかという「あり方」を鍛えましょう。

ということをワークなどを通して、お伝えさせていただきました。

メンタルヘルス研修を実施(製造業)

1.テーマ :メンタルヘルスと働き方改革
2.日時  :2019年12月26日
3.場所  :製造業(滋賀県甲賀市)

滋賀県甲賀市にある製造業において、メンタルヘルスと働き方改革を
テーマに研修を実施しました。

普段は、別々の工場で働くことが多く、なかなか全社員が集まるのが難しい。
ということで、忘年会の直前に、全社員集合の研修として実施されました。
それだけ関心の高さを感じます。

メンタルヘルスと働き方改革はいろんな面で繋がっています。
もちろん、労働時間という要素が大きいのですが、それだけではありません。
「第3の場所」と言われる家、職場の他の居場所(趣味等)はメンタルヘルスの面でも
重要ですが、このことは働き方改革(ワークライフバランス)と強く関係します。

何か目標を持つことも大事。
そういう意味で、「仕事も生活も全力で」というワークライフバランスがメンタル対策でも
すごく重要なのです。

2020年、いろんな目標を持って充実した生活を送っていただきたいです。


お問合せ