天野社会保険労務士事務所は大阪府 高槻市の社労士事務所。働き方を見直し、仕事と生活の調和を図る「ワーク・ライフ・バランス」を推進しています。

ハラスメント研修を実施(食品製造業)

1.テーマ :ハラスメント
2.日時  :2019年12月12日
3.場所  :製造業(京都府宇治市)

京都府宇治市にある食品製造業の管理職研修として、
ハラスメントについて話しました。

主に、パワハラとマタハラについて話しました。
ときどき、「受け取り側がハラスメントだと言えば、それはハラスメント」と
思われている方がいますが、それは誤解です。

ただ、行為者の「そんなつもりではなかった」が通用しないので、どのように
受け止められるのかに注意する必要もあります。

大切なことは、適切な業務の範囲で、しっかりと指導すること。
そのために必要なコミュニケーションスキルについて、アンガーマネジメントも
交えながら具体的な話をしました。

また、女性が多い職場なので、マタハラについても話しています。
マタハラは理解のない男性上司だけでなく、同僚の女性も問題になりやすいです。
全社で取り組むことの必要性を強調しました。

東大阪市職員研修を実施

1.テーマ :子育て・ワークライフバランス
2.日時  :2019年12月3日
3.場所  :大阪市役所

東大阪市の職員研修として、子育てをテーマに話しました。
子育て、ワークライフバランスなどをじっくり考える時間となりました。

メインテーマは子育てとなっていますが、就業時間中に行うこともであり、
単に子育てについてだけでなく、仕事をする上でのメリットや仕事への活かし方など
職場にもメリットのある話しをたくさんしました。

ワークとライフを分断するのではなく、関連させながら、刺激し合いながら、
そして時間を奪い合うくらいに両方本気で取り組んでいくことが大事だと思います。

ちなみに、研修会場からの景色は、抜群でした。

若手社員の定着・戦力化セミナー@高槻商工会議所

1.テーマ :若手社員の定着率向上・戦力化
2.日時  :2019年11月7日、21日
3.場所  :高槻商工会議所

高槻商工会議所にて、若手社員の定着率向上と戦力化について、
2回シリーズでセミナーを開催しました。

今年で4年目になりますが、今回はテーマを採用から戦力化に変更。
企業としては、定着するだけでなく、しっかりと結果を出してもらわないと意味がない。
本人にとっても長いキャリアの中で、成長が止まるような時間を過ごしてはもったいない。

戦力として育てていくためには何が必要か。
さまざまなワークを取り入れて、具体的に何をするかを考えていきました。

今回も「持ち味カード」などのコンテンツを使っています。
分かりやすく、各企業で使いやすいものを選んでご紹介していますが、
強い関心を持っていただいた企業が多かったです。

【高知県】働き方改革 職場リーダー養成講座 開催

1.テーマ :働き方改革推進リーダー育成
2.日時  :2019年10月9日、16日
3.場所  :高知県 高知会館

私が所属しているWLBC関西(ワークライフバランスコンサルタント関西)では、
高知県の働き方改革推進事業を進めています。

企業内で、働き方改革を実際に進めていくためには、推進役となるキーパーソンが必要です。
そのキーパーソンを養成する講座を担当しました。(全5回講座の第2回と第3回)


経験豊富な福井正樹さんが第1回、4回、5回を担当され、私はその間の2回、3回を担当。
活動を進めるためにどのようにしてメンバーを巻き込んでいくのかという話しを中心に
働き方改革推進の序盤の取り組みについて話しました。

前回、高知に来たときは雨模様でしたが、今回は晴れ、
「はりまや橋」もいい感じでした。

今回の講座が、高知県の働き方改革が進んでいく橋渡しになれたかな??

中小機構セミナー『利益に繋がる働き方改革』

1.テーマ :働き方改革の推進
2.日時  :2019年9月17日
3.場所  :中小機構近畿本部セミナールーム

中小機構近畿本部セミナールームにて、セミナーを実施しました。
タイトルは、『企業の利益に繋がる働き方改革~「働き方改革=残業削減」にあらず!』です。

社労士の前で話すことは時々あるのですが、他士業が多い状況はあまり経験がなく。
診断士のホームグラウンドでのセミナーは、いつもと違う緊張感がありました。

今回は、診断士の山本としえさんが繋いでくださったセミナーでしたが、
多くの方にご参加いただき、楽しく話すことができました。
しゃべっているところの写真も撮っていただき、ありがとうございます。

診断士のみなさんも働き方改革への関心は高いです。
いろいろな士業が、それぞれの専門性を発揮しながら、各企業の働き方改革が進んでいくことに
期待しています。


お問合せ